AGA治療で若々しさKeep|ハゲしく効果のあるハゲ対策

発毛を阻害する成分

頭

AGA治療を行なう際には、どのようなメカニズムでAGAが起きているかを知る必要があります。AGAが起きる原因として挙げられるのが、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンです。テストステロンは、男性らしい体を作るためには欠かせないホルモンです。筋肉の増強を促すことによって、男らしい骨格を形成します。また、男性器の発育にも必要不可欠なホルモンでで、精子を作る際にも必要となります。また、テストステロンが十分に分泌されていると、精神的な安定を得ることができます。イライラなどを抑え、物事に取り組む前向きな意欲が湧いてきます。このように、男性の心と体に欠かせないテストステロンですが、頭皮では脱毛の原因となる成分に変換されてしまうのです。テストステロン単体では髪の毛に悪影響を及ぼしません。しかし、5αーリダクターゼという酵素と結合することによって、髪の毛に悪影響を及ぼすジヒドロテストステロンという成分が発生します。ジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を司る毛乳頭に侵入すると、髪の毛の成長サイクルを乱すという作用があります。髪の毛は、成長期と停滞期と休止期を繰り返しています。正常なサイクルでは、成長期は2~6年ほどあり、しっかりと髪の毛が成長し続けます。しかし、ジヒドロテストステロンが毛乳頭に入ると、成長期を短くしてしまいます。わずか数ヶ月ほどで成長期を終わらせてしまい、すぐに停滞期に移行します。停滞期に移行すると毛球が萎縮して髪の毛が成長しなくなります。その後休止期に突入して髪の毛が抜けます。成長期がどんどん短くなることで、弱々しく抜けやすい髪の毛が増えていき薄毛が発生してしまうのです。
ジヒドロテストステロンはその他にも、頭皮の油を多く分泌させるという働きをします。皮脂の分泌量が増えることによって、髪の毛の毛穴に皮脂汚れが溜まってしまいます。皮脂汚れが毛穴に貯まると、発毛に必要な栄養が毛乳頭に届かなくなってしまい抜け毛の原因となってしまいます。髪の毛の成長サイクルを乱れさせ、皮脂の分泌量を増やすジヒドロテストステロンを減らすことが基本的なAGA治療となります。個人でジヒドロテストステロンの対策を行なうのは難しいので医療機関に行きましょう。