AGA治療で若々しさKeep|ハゲしく効果のあるハゲ対策

食事を見直す

食事

髪の毛を生やす為に、AGA治療薬を飲むことは非常に重要です。それにくわえて、髪の毛の成長に必要な栄養成分をしっかり摂取していくことも大切です。髪の毛を形成する成分をしっかり毛乳頭に届けてあげることによって、抜けにくい強い髪の毛を育てて発毛を促します。髪の毛を構成するのに必要不可欠なのが、メチオニンと呼ばれるアミノ酸です。アミノ酸は実に様々なものがあります。メチオニンは、体内で生成されない必須アミノ酸と呼ばれる成分で、食事でしっかり摂ることが求められます。卵や魚、肉などに多く含まれています。また、ミネラルもしっかり取る必要があります。特に重要なのが、亜鉛です。亜鉛というと、血液を作るのに必要なミネラルというイメージを持っている人もいるかもしれません。亜鉛には、それだけでなく髪の毛の発育にとって嬉しい効果があるのです。髪の毛はケラチンというたんぱく質が主成分となっており、ケラチンをしっかり生成することで丈夫な髪の毛を育てる事ができます。ケラチンを生成するのに欠かせないのが、亜鉛です。亜鉛をしっかり取ればケラチンがしっかり生成されて、髪の毛を生やすことができます。日本人男性の約9割が亜鉛不足と言われています。海藻や牡蠣を食べつつ、サプリメントなどで補充していきましょう。

髪の毛に嬉しい成分をしっかり摂取することだけでなく、ハゲ安くなる食事を避けるということは非常に重要です。近年は手軽に様々な食品を食べることができますが、その多くは髪の毛にとってよくない成分となっています。手軽に食べることができるコンビニのお弁当や、インスタント食品、レトルト食品、冷凍食品などは髪の毛にとってよくありません。食中毒の原因となる雑菌の繁殖を抑えるために高熱処理や徹底した洗浄処理が行われているので、髪にうれしい栄養が破壊されてしまっているのです。このような食品ばかり取っていると、栄養が不足して弱々しい髪の毛になってしまいます。
加工食品なども髪の毛の発育を阻害します。多くの加工食品にはポリリン酸ナトリウムという添加物が入っています。このポリリン酸ナトリウムは、体内にある亜鉛を体外へ排出するという作用があります。せっかく食事に気をつけて亜鉛を摂取していても、ポリリン酸ナトリウムによって排出されてしまっては意味がありません。また、酸味料として使われているフィチン酸は、ミネラルの吸収を阻害するという効果があります。その他にも、動物性蛋白質を摂り過ぎるのはよくありません。血行を悪くしてしまい、頭皮に栄養が届かなくなってしまいます。そして、ジャンクフードも悪影響を及ぼします。ジャンクフードは脂っこいものが多く、頭皮の皮脂分泌量を増加させてしまいます。頭皮を清潔に保つためにもジャンクフードの摂取は控えましょう。
このように、食事に関して注意しなければいけない点は様々あります。AGA治療を行ないながらこのような食生活の改善にも取り組みましょう。具体的なメニューを提示してくれるAGA治療クリニックなどもあり、便利です。